生活習慣病

生活習慣病とは、日常の生活習慣の乱れが原因で引き起こされる、心筋梗塞・脳卒中をはじめとしたさまざまな病気のことをさします。

生活習慣が乱れることで、健康をおびやかすばかりか最悪の場合には死にいたることもあるものです。

ストレス・不規則な生活・食生活の乱れなどが原因で引き起こされます。不規則な生活リズムは、たとえば夜遅くに食事をしたり夜中まで起きていたり、休みの日になると寝だめをしたり昼まで寝ているなどの生活のことです。

また、近年で多くなってきている原因の一つが食生活の乱れです。

昔は野菜や魚が中心の食事を取っていたため肥満やメタボになる人は少なかったのですが、食生活が全体的に欧米化してきたことにより肉中心の生活になりがちです。

更には、近所のコンビニへ行けばすぐに手に入るレトルトなどの便利な調理済みの食べ物が豊富に発達したことによって、ますます栄養バランスの乱れた食事になりファストフードで済ませる人が増えてきました。

生活習慣病とは、これら以外にも運動不足によってもおこります。車社会になってきたために、すぐ近くに行くのにも車を利用してしまう機会が増えていませんか。

普段の生活から歩くということが無くなり、他には特に運動をしないことが拍車をかけてコレステロール値があがる尿酸値が上がるなどというような生活習慣病の原因を作り上げていきます。

何か気になることがあるようならば、少しでも早く毎日の生活を見直してみましょう。